モデルチェンジ前と後どっちを買うか

モデルチェンジは新しいモデルが登場するという事ですがそれによって現行車種が旧型モデルになるということでもあります。
旧型モデルになるとその車の価値はガクンと下がることになり、価格も今まで通りでは売れにくくなるというものです。
特に現行車種は依然と売られているのに数カ月後にフルモデルチェンジが行われるという噂や方法が流れ始める時期は、まだ新型モデルがないのにもかかわらず買い控えをするようになり、その結果現行車種の売り上げが落ちるのです。
自動車メーカーとしてもいくら時期に新型が出るといっても現在の売り上げを減らすのは避けたいので、マイナーチェンジとうたってグレードを整理したり、今までオプションだった装備を標準装備にしたり、価格を一気に下げたりと企業努力をするのです。
そこで悩むのは買う側です。

近いうちに新しいモデルが出るが価格は非常に高く値引きも見込めない、対して現行モデルはもうすぐ旧型モデルになるが価格が非常に手ごろになっている、要するに価格が高い新型がいいか、安い現行車種がいいかという事なのですが、これは車を買う方が車に何を求めているのかによって判断が変ると思います。
車をただ単に移動するための手段として道具として考えている方は現行車種でいいと思います。
現行車種といっても技術的には新型モデルとあまり変わらないのでそれでいて価格が安いのであれば間違いなくこちらを選ぶ方がいいと思います。
逆に趣味として車に乗っている方とか、車によって自分をアピールしたい、車を自慢したいという方は躊躇なく新型モデルが発売されるのがよいでしょう。
出来るのであれば今すぐにでも予約をしておけば、誰よりも早く新型モデルに乗ることができ、自慢顔で運転することができるでしょう。