バックモニターは感を鈍らせる

最近の車にはバックモニターという後方視界を補助するものが付いています。これは車体後部に専用カメラをつけ、その画像をカーナビなどのディスプレイに映して、バックする時に安全確認や障害物との間隔を知るためのものです。
しかし、このバックモニターが普及したおかげで、目視による後方確認がおろそかになり、バックで車庫入れなどをする時に人や物にぶつけてしまったりすることが増えたそうです。ニュースでも自宅前の駐車場で車庫入れをする時に自分の子供を引いてしまったなどといういたたまれない事故の報道が多くなってきているのがその証拠です。
バックモニターはあくまでの補助で合って、メインではありません。バックモニターに映る画像を頼りにバックするのではなく、死角によって見ることができない車のすぐ後ろなどを見るために補助の目として扱うべきです。
日産車では車の周り全体を見渡せるアラウンドビューモニターなどが付けられていますが、それに同様にあくまでの補助、それを見ての車庫入れは危険すぎますし、自分の運転技術の向上の妨げになります。自分の手足のように自分の車を扱うことができるようになるのがドライバーの務め、これを妨げるバックモニターは補助として考えましょう。

バス 買取