軽自動車の維持費

首都圏から田舎に移住すると気づくことがある。それは、とにかく軽自動車が多いということ。どこに行っても軽自動車だらけ。7割ぐらいが軽自動車だ。軽自動車の登録台数が増えているとは言え、やはり首都圏よりは圧倒的に多い。理由を考えてみる。
道が狭いわけではない。むしろ広くてガラガラ。女性が多いから?確かに女性ドライバーは多いけど、男女関係なく軽自動車率は高いから関係なさそうだ。そしてたどり着いた結論が維持費。でも首都圏と少々事情は異なるのかと思う。まず、田舎は車がないと生活に支障をきたす。電車に乗る人なんて学生くらいなもんだから、1人1台車を持ってないと困る。ただ1人1台も車を所有していたら当然、維持費もかかるわけだ。なので、維持費が安い軽自動車を選択することになる。ただ軽自動車は意外と高い。新車で100~150万円、中古はむしろ普通乗用車より高いくらいだ。なので3人家族なら3台で約300万円の車を所有しているのと一緒。マークXクラスの新車を買えそうだ。一見、経費削減になっていそうだが、じつは車の維持費は首都圏の家庭よりかかっていそうだ。