ナンバー盗難にも対策を

自動車盗難もなかなか減りませんが、それよりも増して盗難が多いのはナンバープレートです。
ナンバープレートを盗んで何に使うのかというと、それは犯罪を行う時の身分隠しに他の車のナンバーを付けて捜査をかく乱するために行うのです。盗んだナンバープレートをそのまま使うこともありますが、たいがいの場合そのナンバープレートに細工を施して、違う番号にするのです。
そういった時に都合がいいのが3ケタのナンバープレート、事実4ケタのナンバープレートよりも3ケタのナンバープレートの方が盗難件数が多いそうです。そういった盗難事件から身を守るのがナンバープレート用にロックボルトなるもの、通常はプラスドライバー一本あればフロントのナンバーなど簡単に取り外せるようになっているのですが専用の特別な工具がないとナンバープレートを固定しているナットが外せないようになっているものです。
ただ、専用工具も盗難グループに出回っていることが多いので完全とは言えませんが、だれもが購入することができる工具ではないということで盗難率は低くなるようです。逆にその専用工具をなくしてしまうと取り外せなくなるということになるのですが、よほどのことがない限り、オーナーが自らナンバープレートを外すということもないので、特に問題にはならないでしょう。

ハイエース 値引き